新潟県エリア消化器科1,800万円可の医師求人・転職情報

転職エージェント紹介サイトDoctoruitについて
該当求人数3

検索条件を変更:

∬メディウェル特選∬★新潟市西蒲区・内科Dr募集/1000~1800万円★勤務日数(週4日・当直なし)・勤務内容(外来専従など)相談できます!【新潟駅より車で35分】医療法人社団白美会 新潟西蒲メディカルセンター病院

勤務体系

常勤の医師求人

交通アクセス

1) JR越後線 巻駅 より徒歩約8分 潟東インターから約8分

給与

年収 1,000~1,800万円 【退職規定】勤務規定上は65歳定年⇒現状は、ほぼ全員に延長勤務して頂いております。       退職金あり

施設形態

病院

職務内容

外来

病床数

165床

勤務日数

週5日(週4日勤務相談可)

勤務時間

月~土 08:30 ~ 17:30

当直

有(無も応相談) 4回/月

早番・遅番

休日

日 祝日

学会・院外
研修出席

★求人のポイント★
○ゆったり勤務が可能!(残業少な目、当直もほぼ寝当直です。)
○「月~金」勤務ほか、勤務条件は先生の希望に沿う形で相談可能!
⇒希望勤務に応じて呼吸器内科専門外来、院内健診、外部企業の産業医、特養や介護付き有料老人ホームの協力病院依頼があった際の施設往診、在宅復帰した患者の在宅対応など、地域ニーズに応じてご相談可能です。
○遠方からの新幹線通勤や単身赴任の住宅も用意いたします

【病院概要】
地域の方々に信頼され愛される病院を目指しています。旧巻町から国民健康保険病院の民間譲渡を受け、当法人が建替え、開設したケアミックスの病院です。患者さんとの“ふれあい”を優先する、地域医療に携わりたいドクターを歓迎します。新潟市内の関連施設(病院(299床)1施設、老健2施設)と連携し、急性期、慢性期、終末期まで総合的な医療を提供しています。

!!新潟県 上越市 ケアミックス 内科!!********(法人名非公開)

勤務体系

常勤の医師求人

交通アクセス

1) JR信越本線(篠ノ井-長野) 【妙高はねうまライン 】

給与

年収 1,500~2,000万円 医師免許取得から15年で1,700万円程度(応相談)

施設形態

病院

職務内容

外来、病棟管理

病床数

100~199床

勤務日数

週5日

勤務時間

平日 08:30 ~ 17:00

当直

有 4回/月

オンコール

早番・遅番

休日

土 日 祝日 その他

学会・院外
研修出席

有 2回/年

★施設概要★------------------

地域住民に愛され信頼される施設
親切な看護を提供し、安らぎを与える施設
常に医療と福祉の向上を目指す施設
利用者と職員の心と心がふれあう施設

★ここがポイント★------------

〇高額⇒年収1500~2000万円

------------------------------

常勤募集は早い者勝ちのため、
候補の先生が見つかり次第終了するケースが大半です。
勤務開始時期についても先方へ交渉いたしますので、
ご興味ある求人がありましたらお気軽にご連絡下さい。
お問い合わせは下記↓↓フリーダイヤルまでご連絡ください。

【新潟市×内科】メリハリ業務相談可能★当直無しや勤務日相談可能★ 社会医療法人 桑名恵風会 桑名病院

勤務体系

常勤の医師求人

交通アクセス

1) JR上越新幹線 新潟駅 よりバス20分 【JR越後線 JR信越本線(長岡-新潟) JR白新線 連絡バス(新潟空港-新潟) 】 松浜方面行きバス(松浜太郎代競馬場行き)《朝鮮学校前》バス停留所より徒歩2分

給与

年収 1,600~1,800万円 【退職規定】65歳定年制⇒65歳以降は期限なしの嘱託になります。

施設形態

病院

職務内容

外来

病床数

230床(一般 182床/療養(医療) 48床)

勤務日数

週5日(週4日勤務相談可)

勤務時間

平日 08:30 ~ 17:00

当直

有(無も応相談)

休日

土 日 祝日 ※夏季、年末年始等、現場と調整の上5~7日のまとまった休暇の取得可能です。

学会・院外
研修出席

有 年数回については出張扱いで交通費等支給

保育所

有 24時間保育可

★求人のポイント★
○週4日勤務・月~金曜日勤務・当直無し勤務相談可能
⇒メリハリのある業務の相談が可能です!
○呼吸器内科医師優遇!
⇒現状呼吸器内科医師がおらず、勤務条件の相談や業務内容の相談が容易!

【病院概要】
24時間対応できる救急医療を行うなど専門性の高い急性期医療を中心に据えている。急性期医療を補完する「回復期リハビリテーション病棟」とそれに続く「療養病棟」を設置し、退院後は「すずらん訪問看護ステーション」でフォローアップをしている。地域の高齢患者も多く、今後は呼吸器内科のニーズも高く、老人医療体制をより強化したいと考えている。