ドクタールートで簡単求人検索。

非公開求人で、
納得の転職を。

医師転職求人を探すならドクタールート。
現在、12592件の転職求人をご紹介しています。

項目から探す

常勤求人

非常勤(〜週4日勤務)求人

新着求人一覧

【大田区】◆救急外来対応 毎週木曜 9:00~13:00/一回4万円

勤務地

東京都

勤務体系

非常勤

給与

【給与】 年収 1,000~1,800万円5年目 【給与】 年収 1,050万円~10年目 【給与】 年収 1,250万円~※金額は目安です。経験年数、資格などにより優遇いたします。「扶養手当」配偶者:13,000円、父母等:6,500円、16~22歳の子については、1人につき5,000円を加算

【横浜市戸塚区】◆レア案件♪◆循環器科専門外来:毎週月曜 8:45~13:00/一回4.5万円

勤務地

神奈川県

勤務体系

非常勤

給与

【給与】 年収 1,000~1,800万円5年目 【給与】 年収 1,050万円~10年目 【給与】 年収 1,250万円~※金額は目安です。経験年数、資格などにより優遇いたします。「扶養手当」配偶者:13,000円、父母等:6,500円、16~22歳の子については、1人につき5,000円を加算

【寝屋川市】第1週土日!!外科系当直!!インセンティブ有!!

勤務地

大阪府

勤務体系

非常勤

給与

【給与】 年収 1,000~1,800万円5年目 【給与】 年収 1,050万円~10年目 【給与】 年収 1,250万円~※金額は目安です。経験年数、資格などにより優遇いたします。「扶養手当」配偶者:13,000円、父母等:6,500円、16~22歳の子については、1人につき5,000円を加算

勤務地

大阪府

勤務体系

非常勤

給与

【給与】 年収 1,000~1,800万円5年目 【給与】 年収 1,050万円~10年目 【給与】 年収 1,250万円~※金額は目安です。経験年数、資格などにより優遇いたします。「扶養手当」配偶者:13,000円、父母等:6,500円、16~22歳の子については、1人につき5,000円を加算

【春日井市】◆新着求人◆内科・外来、病棟管理、救急:月~金 9:00~17:00/1回10万円◆

勤務地

愛知県

勤務体系

非常勤

給与

【給与】 年収 1,000~1,800万円5年目 【給与】 年収 1,050万円~10年目 【給与】 年収 1,250万円~※金額は目安です。経験年数、資格などにより優遇いたします。「扶養手当」配偶者:13,000円、父母等:6,500円、16~22歳の子については、1人につき5,000円を加算

【春日井市】◆新着求人◆救急:月~金 9:00~17:00/1回8万円◆

勤務地

愛知県

勤務体系

非常勤

給与

【給与】 年収 1,000~1,800万円5年目 【給与】 年収 1,050万円~10年目 【給与】 年収 1,250万円~※金額は目安です。経験年数、資格などにより優遇いたします。「扶養手当」配偶者:13,000円、父母等:6,500円、16~22歳の子については、1人につき5,000円を加算

グラフで分かる!

全国の医師求人基本情報

全国の常勤医師求人の平均年収

平均年収:1,310万円

全国の常勤医師求人の施設形態

全国の常勤医師求人の施設形態の割合は 病院39.1%、 一般急性期31.5%、 療養型14.9%、 クリニック4.3%、 精神科病院3.6%、 リハビリテーション3.4%、 その他1.2%、 健診1.0%、 介護老人保健施設0.7%、 一般企業0.2 となっており、最も多い施設形態である 病院の求人の平均年収は12,923,531円となっております。 こちらは北海道の病院求人の平均年収が最も高く14,734,082円、 島根県の病院求人の平均年収が最も低く9,727,555円となっております。

全国の非常勤医師求人の平均日給

平均日給:74,778円

全国の非常勤医師求人の施設形態

全国の非常勤医師求人の施設形態の割合は 病院32.3%、 一般急性期25.5%、 クリニック18.8%、 療養型13.1%、 精神科病院3.9%、 リハビリテーション2.5%、 健診2.3%、 その他0.9%、 介護老人保健施設0.4%、 一般企業0.2 となっており、最も多い施設形態である 病院の求人の平均年収は72,784円となっております。 こちらは静岡県の病院求人の平均年収が最も高く93,333円、 沖縄県の病院求人の平均年収が最も低く35,000円となっております。

全国の医師求人・転職市場の傾向

基本的に【売り手市場】と言われている医師の求人・転職市場ですが時期によって求人数の変化などの様相の変化はあります。

給与や勤務形態など【良い医師求人が出やすいシーズン】や【求職者が増える傾向にある時期】などトレンドを抑えながら医師の求人情報を収集したり転職コンサルタントに相談していきながらご自身の希望に合った勤務先を効率的に選ぶ必要があります。

年度が変わり市場が動き出す4月~6月の医師の求人・転職市場の動向

年度が変わったばかりの4月から6月の医師求人・転職市場の傾向についてですが年度末である3月に前年度の採用を終えた医療機関が多いため、有効求人倍率は6.5前後と他の月と比較して市場は落ち着く傾向にあります。

有効求人倍率や求人数はやや落ち込む傾向にある4月から6月の医師求人・転職市場ですが「年度末の3月中に採用したかったが決まらなかった」「急な欠員がでてしまったため急いで人員を充足させる必要がある」といった理由で条件を引き上げる医療機関も少なくありません。そのため思わぬ市場が落ち着く傾向にある時期にも関わらず好条件に求人に出くわすケースも珍しくありません。ボーナスの支給時期である7月以降は転職活動を始める医師が徐々に増えるシーズンでもあるため条件に満足のいく求人があれば早めに先行を進めておくのも手です。

求人の増え始める7月~9月の医師の求人・転職市場の傾向

6月後半から7月以降にかけてはボーナスの支給があるため、この時期退職が生じる傾向にあるため医師求人・医師求職者ともに増加傾向となるシーズンです。そのため早期採用を目的とした好条件の急募求人や・欠員求人が多くなってきます。条件だけを見て応募してしまうと入職後のミスマッチが発生しやすい時期となっていますのでこのような事態を避けるためにも急募・欠員の背景はしっかりと確認するようにしてください。

また、夏休みなどの長期休暇を取得しやすいため、面接の日程が組みやすかったりと転職活動を進展させやすい点もこの時期の特色です。多忙な医師にとって他のシーズンよりも検討期間を多く設けられるのは大きなメリットとなりますので【転職を決断はしていないものの選択肢としては検討している】と言う方もこの機会に医師の求人や転職情報の収集などの活動を始めるのも良いかもしれません。

市場が本格的に活性化し始める10月~12月の医師の求人・転職市場の傾向

10月~12月は医師の求人・転職市場がピークに向かい有効求人倍率も7人前後と他の時期よりも増加傾向にあります。秋口から退職者が増えはじめ、翌年度の人員計画を受け採用活動が本格化するためこのような市場の動きが起こります。翌年度の人員体制が固まっていく10月~12月位は現職の方向性とのギャップから転職活動を始める医師が増加する傾向にあります。医師の転職活動は一般的に3ヶ月~6ヶ月かかるため、年明けや翌年の4月から勤務地の変更を考えているのであれば10月~12月は転職に向け動き始めるには最適の時期です。医師の求人・転職市場が最も活発になる10月~12月は求人の幅が広がる時期でもありますが、ライバルが多い時期でもあります。基本的に売りて市場な医師の求人・転職市場ですが好条件の求人は早い段階で充足してしまうことも多々あるので、早め早めに転職へ向けた行動をした方が良いでしょう。

新年度に向けて依然求人数の多い1月~3月の医師の求人・転職市場の傾向

12月のピークを越えた時期ではありますが、1月以降の医師求人・転職市場も7近くと高い水準の有効求人倍率を保つ時期となっています。これは翌年度に向けた体制の最終調整が行われたり、4月に転職する医師が退職の意向を伝える時期でもあるため欠員が生じやすくなるためです。医療機関としても新年度である4月までに入職する医師を確保したいという思いが強いため1月以降は年収アップや当直の免除など交渉を受け入れられる可能性が高まる時期でもあります。条件の合った求人が見つからない場合でも、転職エージェントなどの紹介会社にかけあえば条件交渉を通じて自身の希望に近づけることも可能です。4月入職に向けて動く場合はやや急ぎ足になってしまう可能性が高いですが転職エージェントなどのサービスを利用しながら効率的に進めていきましょう。

どの時期の転職も専門サイトでキャリアコンサルタントに相談するのがベスト

日々職務で多忙な医師が独力で希望する地域や科目の医師求人・転職市場の動向やノウハウを収集するのは非常に難しく、自身の条件に合った求人を見つけられる可能性は更に低いです。そのため転職サイトや転職エージェントに所属するキャリアコンサルタントの存在が転職が成功するかどうかを左右するといっても過言ではありません。キャリアコンサルタントは様々な地域の医療機関の年収情報や各病院の働かせ方の傾向、病院の雰囲気、人間関係など転職にあたり必須となる情報を熟知しています。これらの情報は病院やクリニックなどに幾度となく通っているからこそ得られる情報で、現職の医師が得るのは非常に難しいものばかりです。また、病院との交渉による給与アップ、履歴書や経歴書のチェック、さらには面接の日程調整や面接への同行もキャリアコンサルタントが行ってくれるため独力での転職活動よりも希望年収額などの希望条件に沿った転職をすることが可能です。医師の転職サイトは無料で登録でき、専属のキャリアコンサルタントが付いてくれるサイトがほとんどです。サイトによって保有する求人の特色やサービス内容も変わってきますので複数の医師転職サイトに登録することをおすすめします。

自分にあった医師転職サイトを見るける4つのポイント

1.医師専門の転職サイトを選ぶ

有名DODA、ビズリーチなどの総合転職サイトにも医師の求人は用意されていますが、キャリアコンサルタントについてご説明させていただいた通り、医師の求人情報は一般職とは違い、専門的な知識をもったエージェントでないと条件交渉はもちろん医師を売り込むことすら難しい場合が多いです。そのため「医師専門」の転職サイトの利用をおすすめします。

2.希望の地域に対応しているかどうかで選ぶ

首都圏や主要都市圏であれば問題ありませんが、地方への勤務を考えられている場合は転職エージェントがその地域に対応していないために求人情報を持っていない、という場合もあります。転職サイトが希望した地域にどのくらいの求人を持っているか、を登録前に確認することをおすすめします。

3.退職までサポートしてくれるかどうかで選ぶ

現在医局からの転職を考えている場合、転職後は年収や勤務条件が優遇されることが多いのですが、退職すること自体が難しいという場合が多くあります。転職エージェントによっては似た悩みを抱えた医師を円満退職に導いた実績がありますのでこういった悩みに対しても対策を一緒に考え、退局のサポートをしてくれます。退職届を出せずに悩んでいる場合は退局サポートをしてくれる転職エージェントをおすすめします。

4.転職にあたっての譲れないポイントを大切にしてくれるかどうかで選ぶ

希望年収や当直の回数はこのくらいにしてほしい、休日はこの曜日がいい、など転職にあたり譲れないポイントがいくつかあるかと思います。しかし、全ての条件を満たすような職場を見つけることは難しく、エージェントによる病院との交渉が必要となってきます。ほとんどの転職サイトは登録時にこだわりポイントを設定できますので自分のこだわり項目があるかどうかは必ず確認してください。もし自分のこだわりたい項目が登録時に無い場合はコンサルタントとの面談の際に直接伝えるようにしましょう。

科目
エリア
勤務形態
施設形態

簡単検索でご希望の
お仕事が見つかる。

ドクタールートは医師求人サイトと提携し、全国47都道府県のお仕事を検索して探せる、医師転職求人専用の検索サイトです。総合病院の役職や院長、一般企業の産業医など常に30,000件以上の常勤・非常勤医師求人を掲載しているドクタールートなら先生のご希望条件に添った求人がきっと見つかります。提携した医師求人サイトとの匿名の無料相談も実施しておりますのでぜひご利用ください。