栃木県エリアの医師求人・転職情報

該当求人数167

検索条件を変更:

■栃木県 宇都宮市 ケアミックス 内科■QOL重視★病棟管理メインの業務★非常勤医師がタレント揃いで学べる環境です(大学病院教授など)★

勤務地

栃木県

勤務体系

常勤

給与

【給与】 年収 1,000~1,800万円5年目 【給与】 年収 1,050万円~10年目 【給与】 年収 1,250万円~※金額は目安です。経験年数、資格などにより優遇いたします。「扶養手当」配偶者:13,000円、父母等:6,500円、16~22歳の子については、1人につき5,000円を加算

【那須塩原市×泌尿器科】★年収目安1200~2500万円海外研修有★

勤務地

栃木県

勤務体系

常勤

給与

【給与】 年収 1,000~1,800万円5年目 【給与】 年収 1,050万円~10年目 【給与】 年収 1,250万円~※金額は目安です。経験年数、資格などにより優遇いたします。「扶養手当」配偶者:13,000円、父母等:6,500円、16~22歳の子については、1人につき5,000円を加算

【那須塩原市×透析系】透析センター体制強化の為募集します★高額年収2500万円★海外研修あり★週4日勤務・当直無しなどご希望のご相談ください★

勤務地

栃木県

勤務体系

常勤

給与

【給与】 年収 1,000~1,800万円5年目 【給与】 年収 1,050万円~10年目 【給与】 年収 1,250万円~※金額は目安です。経験年数、資格などにより優遇いたします。「扶養手当」配偶者:13,000円、父母等:6,500円、16~22歳の子については、1人につき5,000円を加算

■栃木県 真岡市 クリニック 内科■明るく綺麗で親しみやすいクリニック★当直無し★外来のみ★残業なし★

勤務地

栃木県

勤務体系

常勤

給与

【給与】 年収 1,000~1,800万円5年目 【給与】 年収 1,050万円~10年目 【給与】 年収 1,250万円~※金額は目安です。経験年数、資格などにより優遇いたします。「扶養手当」配偶者:13,000円、父母等:6,500円、16~22歳の子については、1人につき5,000円を加算

【栃木県宇都宮×乳腺外科】★新幹線OK高額求人★乳腺外科/週4.5日★宇都宮駅徒歩圏内:東京49分/大宮23分★

勤務地

栃木県

勤務体系

常勤

給与

【給与】 年収 1,000~1,800万円5年目 【給与】 年収 1,050万円~10年目 【給与】 年収 1,250万円~※金額は目安です。経験年数、資格などにより優遇いたします。「扶養手当」配偶者:13,000円、父母等:6,500円、16~22歳の子については、1人につき5,000円を加算

【宇都宮市×泌尿器科】新幹線OK★高額求人★学閥なしの働きやすい環境★綺麗な病院★

勤務地

栃木県

勤務体系

常勤

給与

【給与】 年収 1,000~1,800万円5年目 【給与】 年収 1,050万円~10年目 【給与】 年収 1,250万円~※金額は目安です。経験年数、資格などにより優遇いたします。「扶養手当」配偶者:13,000円、父母等:6,500円、16~22歳の子については、1人につき5,000円を加算

グラフで分かる!

栃木県の常勤医師求人について

栃木県の常勤医師求人の掲載件数は157件と全国の中で20位の求人掲載数になります。 常勤求人の平均年収は13,122,973円と全国平均で24位の数値です。募集職種は内科が多く、 栃木県の内科の平均年収は13,497,560円となっております。

施設形態としては、 病院37.2%、 一般急性期34.7%、 療養型20.7%、 精神科病院4.3%、 クリニック2.0%、 その他0.5%、 健診0.3%、 介護老人保健施設0.3 という分布になっており、 病院の平均年収は13,030,656円となっており、全国都道府県平均で23位となっております。

栃木県の常勤医師求人の平均年収

平均年収:1,312万円

栃木県の常勤医師求人の施設形態

栃木県の常勤医師求人の職務内容

栃木県の常勤医師求人の市場傾向

栃木県の求人を掲載している28.4%の医療機関が「患者数の多さによる現員医師の負担軽減」のため、19.5%の医療機関が「退職医師の補充」のために医師を募集しています。さらに、「正規雇用が望ましい」とする求人が他の都道府県に比べて多い傾向にあります。

また、栃木県の求人倍率は1.17であり全国平均の1.14を上回っています。栃木県は生産年齢人口割合が全国8位であり、今後高齢化が進んでいく傾向にあります。県南以外の地域では高齢化による需要増加にも関わらず無医地区の増加が深刻化しています。特に小児科・産婦人科医が不足しており、栃木県は医師確保のため医学生・研修医の育成、女性医師の支援などに取り組んでいます。よって、栃木県の医師転職市場のニーズは非常に高まっていると言えます。

<参考リンク>

厚生労働省「現員医師数に対する必要医師数」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryou/other/dl/06.pdf
厚生労働省「調査の概要」
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/16/dl/kekka_1.pdf
統計メモ帳
https://ecitizen.jp/

※厚生労働省のデータは平成22年のものですが、医師数と人口の増加率は同じなので平成22年のデータと現在のデータで大きな乖離はありません。

栃木県の非常勤医師求人について

栃木県の非常勤医師求人の掲載件数は10件と全国の中で30位の求人掲載数になります。 非常勤求人の平均年収は105,000円と全国平均で1位の数値です。募集職種は整形外科が多く、 栃木県の整形外科の平均年収は130,000円となっております。

施設形態としては、 クリニック33.3%、 病院26.7%、 一般急性期20.0%、 療養型13.3%、 精神科病院6.7%、 その他3.7 という分布になっており、 クリニックの平均年収は130,000円となっており、全国都道府県平均で13位となっております。

栃木県の非常勤医師求人の平均日給

平均日給:105,000円

栃木県の非常勤医師求人の施設形態

栃木県の非常勤医師求人の市場傾向

栃木県の求人を掲載している28.4%の医療機関が「患者数の多さによる現員医師の負担軽減」のため、19.5%の医療機関が「退職医師の補充」のために医師を募集しています。さらに、「正規雇用が望ましい」とする求人が他の都道府県に比べて多い傾向にあります。

また、栃木県の求人倍率は1.17であり全国平均の1.14を上回っています。栃木県は生産年齢人口割合が全国8位であり、今後高齢化が進んでいく傾向にあります。県南以外の地域では高齢化による需要増加にも関わらず無医地区の増加が深刻化しています。特に小児科・産婦人科医が不足しており、栃木県は医師確保のため医学生・研修医の育成、女性医師の支援などに取り組んでいます。よって、栃木県の医師転職市場のニーズは非常に高まっていると言えます。

<参考リンク>

厚生労働省「現員医師数に対する必要医師数」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryou/other/dl/06.pdf
厚生労働省「調査の概要」
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/16/dl/kekka_1.pdf
統計メモ帳
https://ecitizen.jp/

※厚生労働省のデータは平成22年のものですが、医師数と人口の増加率は同じなので平成22年のデータと現在のデータで大きな乖離はありません。