長崎県エリアの医師求人・転職情報

該当求人数117

検索条件を変更:

【カテなし】高齢者の循環器疾患へ対応頂ける先生、ぜひご検討下さい!医療法人 篤信会 杏林病院

勤務地

長崎県

勤務体系

常勤

給与

10年目 【給与】 年収 1,700万円~ 想定年収 *ご経験を考慮致します。ご相談下さい。

循環器学会専門医認定施設☆若手もベテランも残業無しがモットーです!!社会医療法人三佼会 宮崎病院

勤務地

長崎県

勤務体系

常勤

給与

5年標準 【給与】 年収 1,600万円~ 10年標準 【給与】 年収 1,800万円~ *ご経験を考慮致します

?急性期医療に取り組みたい先生にお薦め********(法人名非公開)

勤務地

長崎県

勤務体系

常勤

給与

【給与】 年収 1,200~1,700万円 ※5年目~10年目目安になります。 *ご経験・ご希望を考慮致します。

救急対応の総合診療部の充実を図るため、増員の募集です。********(法人名非公開)

勤務地

長崎県

勤務体系

常勤

給与

10年目 【給与】 年収 1,500万円~ 想定年収 ご経験を考慮致します

【諫早市・ケアミックス病院】救急搬入は年間150台☆自分のペースでご勤務頂けます医療法人宏善会 諫早記念病院

勤務地

長崎県

勤務体系

常勤

給与

5年目 【給与】 年収 1,000~1,200万円 10年目 【給与】 年収 1,250~1,400万円 15年目 【給与】 年収 1,450~1,550万円

民間運営の公立病院☆各科増員募集中です!!********(法人名非公開)

勤務地

長崎県

勤務体系

常勤

給与

【給与】 年収 1,400~2,200万円 ※ご経験を考慮致します

グラフで分かる!

長崎県の常勤医師求人について

長崎県の常勤医師求人の掲載件数は115件と全国の中で27位の求人掲載数になります。 常勤求人の平均年収は13,231,429円と全国平均で24位の数値です。募集職種は内科が多く、 長崎県の内科の平均年収は13,383,333円となっております。

施設形態としては、 病院96.5%、 一般急性期26.3%、 療養型17.5%、 リハビリテーション8.0%、 精神科病院4.7%、 クリニック3.5%、 その他2.5%、 健診0.3%、 介護老人保健施設0.3 という分布になっており、 病院の平均年収は13,053,000円となっており、全国都道府県平均で24位となっております。

長崎県の常勤医師求人の平均年収

平均年収:1,323万円

長崎県の常勤医師求人の施設形態

長崎県の常勤医師求人の職務内容

長崎県の常勤医師求人の市場傾向

長崎県の求人を掲載している29.5%の医療機関が「退職医師の補充」のために医師を募集しています。また、「休診中の診療科の再開」、「休棟している病棟の再開」のための求人が他の都道府県に比べて多い傾向にあります。

長崎県の求人倍率は1.12と全国平均の1.14に比べ低いですが、県北においては特に医師不足の傾向にあります。長崎県は一般病院年間新入院患者数が全国4位、精神科通院患者数が全国1位であり非常に医療需要が高い傾向にあります。高齢化が進んでいるため、今後在宅医療のニーズも増加していきます。よって、長崎県の医師転職市場のニーズは将来的に高まっていると言えます。

<参考リンク>

厚生労働省「現員医師数に対する必要医師数」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryou/other/dl/06.pdf

厚生労働省「調査の概要」
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/16/dl/kekka_1.pdf

統計メモ帳
https://ecitizen.jp/

※厚生労働省のデータは平成22年のものですが、医師数と人口の増加率は同じなので平成22年のデータと現在のデータで大きな乖離はありません。

長崎県の非常勤医師求人について

長崎県の非常勤医師求人の掲載件数は15件と全国の中で30位の求人掲載数になります。 非常勤求人の平均年収は44,333円と全国平均で32位の数値です。募集職種は内科が多く、 長崎県の内科の平均年収は48,666円となっております。

施設形態としては、 病院41.7%、 一般急性期36.1%、 療養型11.1%、 その他8.3%、 精神科病院2.8 という分布になっており、 病院の平均年収は44,333円となっており、全国都道府県平均で40位となっております。

長崎県の非常勤医師求人の平均日給

平均日給:44,333円

長崎県の非常勤医師求人の施設形態

長崎県の非常勤医師求人の市場傾向

長崎県の求人を掲載している29.5%の医療機関が「退職医師の補充」のために医師を募集しています。また、「休診中の診療科の再開」、「休棟している病棟の再開」のための求人が他の都道府県に比べて多い傾向にあります。

長崎県の求人倍率は1.12と全国平均の1.14に比べ低いですが、県北においては特に医師不足の傾向にあります。長崎県は一般病院年間新入院患者数が全国4位、精神科通院患者数が全国1位であり非常に医療需要が高い傾向にあります。高齢化が進んでいるため、今後在宅医療のニーズも増加していきます。よって、長崎県の医師転職市場のニーズは将来的に高まっていると言えます。

<参考リンク>

厚生労働省「現員医師数に対する必要医師数」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryou/other/dl/06.pdf

厚生労働省「調査の概要」
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/16/dl/kekka_1.pdf

統計メモ帳
https://ecitizen.jp/

※厚生労働省のデータは平成22年のものですが、医師数と人口の増加率は同じなので平成22年のデータと現在のデータで大きな乖離はありません。