愛媛県エリアの医師求人・転職情報

該当求人数138

検索条件を変更:

【四国中央市×内科募集】 ********(法人名非公開)

勤務地

愛媛県

勤務体系

常勤

給与

【給与】 年収 1,000~2,000万円 経験に応じて ※金額は経験年数資格、面接等で変更することがありますので、詳細につきましてはコンサルタントにお気軽にお問い合わせください。

グラフで分かる!

愛媛県の常勤医師求人について

愛媛県の常勤医師求人の掲載件数は123件と全国の中で26位の求人掲載数になります。 常勤求人の平均年収は14,255,963円と全国平均で5位の数値です。募集職種は内科が多く、 愛媛県の内科の平均年収は14,023,611円となっております。

施設形態としては、 病院95.9%、 一般急性期31.7%、 療養型19.3%、 精神科病院4.1%、 リハビリテーション2.8%、 クリニック1.6%、 介護老人保健施設1.6%、 健診0.8 という分布になっており、 病院の平均年収は14,212,621円となっており、全国都道府県平均で5位となっております。

愛媛県の常勤医師求人の平均年収

平均年収:1,426万円

愛媛県の常勤医師求人の施設形態

愛媛県の常勤医師求人の職務内容

愛媛県の常勤医師求人の市場傾向

愛媛県の求人を掲載している21.7%の医療機関が「日直・宿直による現員医師の負担軽減」のため医師を募集しています。また、「救急医療への対応」のための求人が他の都道府県に比べて多い傾向にあります。

愛媛県の求人倍率は1.17と全国平均の1.14よりも高く、地方において特に医師不足の傾向にあります。愛媛県の65歳以上の人口割合は全国8位であり高齢化が進んでいます。愛媛県はがん対策の推進に力を入れており、設備の整備や若手医師の育成に取り組んでいます。また、愛媛県は妊娠による死亡率が全国8位、心疾患による死亡者数(10万人当たり)が全国2位であり、救急医療、産婦人科、小児科において医師不足の現状です。以上の理由から、愛媛県の医師転職市場のニーズは高まっていると言えます。

<参考リンク>

厚生労働省「現員医師数に対する必要医師数」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryou/other/dl/06.pdf
厚生労働省「調査の概要」
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/16/dl/kekka_1.pdf
統計メモ帳
https://ecitizen.jp/

※厚生労働省のデータは平成22年のものですが、医師数と人口の増加率は同じなので平成22年のデータと現在のデータで大きな乖離はありません。

愛媛県の非常勤医師求人について

愛媛県の非常勤医師求人の掲載件数は15件と全国の中で29位の求人掲載数になります。 非常勤求人の平均年収は1,000,000,000円と全国平均で1位の数値です。募集職種は内科が多く、 愛媛県の内科の平均年収は0円となっております。

施設形態としては、 病院93.3%、 一般急性期28.6%、 療養型20.0%、 クリニック6.7%、 リハビリテーション5.7%、 健診2.9 という分布になっており、 病院の平均年収は1,000,000,000円となっており、全国都道府県平均で1位となっております。

愛媛県の非常勤医師求人の平均日給

平均日給:1,000,000,000円

愛媛県の非常勤医師求人の施設形態

愛媛県の非常勤医師求人の市場傾向

愛媛県の求人を掲載している21.7%の医療機関が「日直・宿直による現員医師の負担軽減」のため医師を募集しています。また、「救急医療への対応」のための求人が他の都道府県に比べて多い傾向にあります。

愛媛県の求人倍率は1.17と全国平均の1.14よりも高く、地方において特に医師不足の傾向にあります。愛媛県の65歳以上の人口割合は全国8位であり高齢化が進んでいます。愛媛県はがん対策の推進に力を入れており、設備の整備や若手医師の育成に取り組んでいます。また、愛媛県は妊娠による死亡率が全国8位、心疾患による死亡者数(10万人当たり)が全国2位であり、救急医療、産婦人科、小児科において医師不足の現状です。以上の理由から、愛媛県の医師転職市場のニーズは高まっていると言えます。

<参考リンク>

厚生労働省「現員医師数に対する必要医師数」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryou/other/dl/06.pdf
厚生労働省「調査の概要」
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/16/dl/kekka_1.pdf
統計メモ帳
https://ecitizen.jp/

※厚生労働省のデータは平成22年のものですが、医師数と人口の増加率は同じなので平成22年のデータと現在のデータで大きな乖離はありません。