岐阜県エリアの常勤医師求人・転職情報

該当求人数124

検索条件を変更:

【岐阜県南西部】300床規模の総合病院です。最近新築建て替えオープンしたばかりです。 手厚い福利厚生があるので安心して働けます!

勤務地

岐阜県

勤務体系

常勤

給与

【給与】 年収 1,250~2,000万円 超過勤務・宿日直手当等含む ・国家公務員の俸給表(医療職(一))を適用・ベテランの先生で宿日直等多く勤務される方は、年収2000万円も可能  

【岐阜県】地域医療と総合診療、チーム医療をめざしています

勤務地

岐阜県

勤務体系

常勤

給与

【給与】 年収 1,000~2,000万円※5年目1500万円程度、10年目1700万円程度  

岐阜県西濃地区 精神科Dr募集 ●200床規模精神科病院 ●指定医取得希望の先生におすすめ

勤務地

岐阜県

勤務体系

常勤

給与

【給与】 年収 1,200~2,000万円10年目 【給与】 年収 1,200~1,600万円 月4回の当直手当含む 15年目 【給与】 年収 1,400~1,800万円 月4回の当直手当含む 20年目 【給与】 年収 1,600~2,000万円 月4回の当直手当含む *下限値は週4日、上限値は週5日がベース*ご経験等によりご相談の上決定  

中部地区屈指!!地域医療を支える民間総合病院です。 ●呼吸器内科募集 ●症例数豊富 ●当直なし、時短勤務等相談可能 ●研修医歓迎

勤務地

岐阜県

勤務体系

常勤

給与

後期研修 【給与】 月給 438,000円3年目 【給与】 年収 1,200万円~ 当直込 10年目 【給与】 年収 1,500万円~ 当直込  

【岐阜市 内科・人工透析科募集】勤務環境の良い、地域密着の医療機関です。

勤務地

岐阜県

勤務体系

常勤

給与

5年目 【給与】 年収 750~850万円10年目 【給与】 年収 900~1,000万円15年目 【給与】 年収 1,100~1,200万円20年目 【給与】 年収 1,200~1,300万円※当直手当は別途支給。※スキルや経験も考慮します。  

【中濃地区屈指の総合病院です。】がん化学療法を担当いただける先生を募集しております。

勤務地

岐阜県

勤務体系

常勤

給与

5年目 【給与】 年収 1,200~1,300万円10年目 【給与】 年収 1,500~2,000万円※研修医 1年目55万円、2年目60万円、副当直手当別途、賞与なし、健康保険加入、厚生年金、雇用労災保険加入  

グラフで分かる!

岐阜県の常勤医師求人について

岐阜県の常勤医師求人の掲載件数は124件と全国の中で25位の求人掲載数になります。 常勤求人の平均年収は13,293,496円と全国平均で15位の数値です。募集職種は内科が多く、 岐阜県の内科の平均年収は12,967,333円となっております。

施設形態としては、 病院34.2%、 一般急性期30.4%、 療養型18.2%、 リハビリテーション3.8%、 クリニック3.8%、 健診3.8%、 介護老人保健施設2.2%、 その他1.9%、 精神科病院1.3%、 一般企業0.3 という分布になっており、 病院の平均年収は12,835,849円となっており、全国都道府県平均で27位となっております。

岐阜県の常勤医師求人の平均年収

平均年収:1,329万円

岐阜県の常勤医師求人の施設形態

岐阜県の常勤医師求人の職務内容

岐阜県の常勤医師求人の市場傾向

岐阜県の求人を掲載している5.5%の医療機関が「休診中の診療科の再開」、5.3%の医療機関が「休棟している病棟の再開」のために医師を募集しています。さらに、「救急医療への対応」のための求人と「正規雇用が望ましい」とする求人が他の都道府県に比べて多い傾向にあります。

岐阜県の求人倍率は1.24と全国平均の1.14よりも高く、飛騨においては特に医師不足の傾向にあります。岐阜県の人口増減率は全国31位であり、高齢化が進んでいるため在宅医療の需要が増加傾向にあります。また、産婦人科医が特に不足している状況です。そのため、岐阜県では在宅医療の人材育成支援、女性医師の支援、医学生・研修医の支援等の様々な施策を行っています。以上の理由から、岐阜県の医師転職市場のニーズは高まっていると言えます。

<参考リンク>

厚生労働省「現員医師数に対する必要医師数」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryou/other/dl/06.pdf

厚生労働省「調査の概要」
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/16/dl/kekka_1.pdf

統計メモ帳
https://ecitizen.jp/

※厚生労働省のデータは平成22年のものですが、医師数と人口の増加率は同じなので平成22年のデータと現在のデータで大きな乖離はありません。